ヒートポンプの応用例

Heat pumps can provide an energy-efficient method of heating buildings while also playing a key role in mitigating climate change.

空気熱利用ヒートポンプ

空気は身の回りのどこにでもあり、自由に利用できるエネルギー源です。柔軟性が高く、特別な許可申請も必要ありません。 空気熱利用ヒートポンプは、それ自体単独で使用することも、水や地熱といった他の熱源と組み合わせて使うこともできます。空気熱利用ヒートコレクターは、複数の熱源と組み合わせる場合、夏季には地中熱交換器も使用できるので、大幅なコストパフォーマンス向上が期待できます。

Güntnerでは、アンモニア、二酸化炭素、プロパン、グリコールなど、様々な媒体と併用できる幅広いタイプのモデルを取り揃えています。デリケートな用途での高い要求にも応じられるよう、静音運転、専有面積、気流経路、運転の安全性、必要な場合には腐食防止に特に重点を置いています。

Güntnerは、住宅地、複合オフィスビル、ショッピングセンター、学校、製造施設などで使用する業務および産業用大型ヒートポンプの設計と計画をお手伝いします。また、大規模な地域熱供給プロジェクトに有効なソリューションもご用意しています。

Applications heat pumps air source heat pumps are best

ヒートポンプの応用分野

ヒートポンプ式温水暖房(ATW)は、システムの設計に応じて、ほぼ場所を問わず設置できます。現在この技術の応用で世界をリードするのはスカンジナビア諸国ですが、エネルギー消費効率(COP)の点で見ると、ヒートポンプは季節性COPの大きい欧州地域の他の国々で大きな潜在性を秘めています。

ヒートポンプは、家庭用給湯に通年使用でき、省エネと二酸化炭素排出量削減に大きく貢献します。さらに、従来の建物用供給システムと統合することもでき、季節に応じた冷熱用途で使用できます(複数の熱源と連携するアプリケーション)。

再生可能エネルギーと併用すれば、二酸化炭素排出量の大幅削減が期待できます。

Applications heat pumps possible heat pump applications apo europe

責任委員会(グラフィック): 各気候帯における潜在性を正しく評価するために、季節性能係数を考慮します。これは、冷暖房期間全体におけるシステム全体のエネルギー効率を示します。使用可能エネルギー出力と必要駆動力との比較。DIN EN 15316-4に基づく。

発見する

私たちが働くエリア

Applications areas we work district heating
地域熱供給
Applications hvac office building
ビル
Applications food retail
スーパーマーケットと業務用冷却