Controls gmmnext main

GMMnext

ギュントナーのスマートコントロールシステムは、設定を最適化するために最先端の技術を使用します。

製品概要

GMMnextを導入することで、冷凍冷蔵システム全体のパフォーマンスを最適化します。スマートコントロールシステムは、負荷、気象条件、稼働条件等の変化に対応するために、自動的に運転調整するように設計されています。これで、安全かつ信頼できるオペレーションを確実にしながらも、エネルギー消費率を最大30%削減し、製品サービスを最大限活用できます。

GMMnextコントローラーは、各建屋に適したインターフェースモジュールを使い、各管理システムにシームレスに組み込めます。これでGMMnextコントローラーを施設管理の一部にすることが可能です。さらに、パフォーマンス分析を利用して運転改善するために、ライブデータとデータ履歴の両方に素早くアクセスできます。

一目でわかるメリット

Icon noise

ナイト・セットバック

夜間は、冷却システムを部分負荷で運転することができます。これにより、エネルギーを節約できるだけでなく、騒音も大幅に低減します。
Icon pressure

LCMM

需要が減少する局面では、部分的な負荷運転(低容量モーター管理)により省エネを確保し、性能変動を回避します。これは、機械学習を利用して個々のファンまたはファングループをオフにすることによるものです。
Icon circles

バイパスモード

コントローラーが故障した場合、自動的に緊急運転に切り替わり、冷却システムのスムーズな運転を維持します。
Icon clean

クリーニングモード

熱交換器むき出しのコイルを清潔に保つため、一定間隔でファンの回転を逆にします。
Icon pressure

SLCMM

周囲温度が極端に低い場合、SLMMモード(Super Low Capacity Motor Management)が人工的なエアクッションを生成して空気の流れを最小限に抑え、自然対流を効果的に防ぎます。その結果、熱交換器の効率が最適化される。
Icon flake

ブレークフリーモード

温度が氷点下になると自動的に作動するこのモードは、ファンブレードへの氷の付着を防ぎ、スムーズなコイル運転を保証します。
Icon maintenance

メンテナンス・サイクル

メンテナンス・モードでは、運転しない期間が長い場合、破損を防ぐため、一定間隔でファンが回転します。
Icon control

セットポイント

複数のセットポイントをプログラムすることで、特定のニーズに合わせてシステムをカスタマイズすることができます。